防災用品(災害用トイレ)

備えてますか?災害時の必需品。 ※本製品は2016年3月まで、(有)ライジングファームが製造・販売していた商品です。

豊富な実績

近年の自然災害において避難場所等で実際に使用されている仮設トイレのほとんどは、固液分離方式のトイレです。この方式は、汲取りをせずに連続して使用できる回数が、貯蓄方式のトイレと比べると非常に多いという特徴があります。また、備蓄用のトイレでは、組立・設置が容易な事や備蓄場所をとらない事、後片付けが簡単な事等を考慮した選定が必要になります。
そんな中で、ドント・コイは新潟県中越地震、能登半島地震、東日本大震災においても岩手県、宮城県、茨城県、千葉県等の多くの避難所で実際に使用されている仮設トイレです。

ドント・コイが選ばれる理由

  • 便槽の破壊を防ぐ!

    タバコの火や突起物による便槽の破損を防ぐため、前後左右底面までアルミ製保護箱でカバー。便槽の破損を防ぎ、長期間衛生的に使用することができます!

  • 中長期の連続使用可能!

    固液分離方式により、C-1型(和式)約9,000回、MH型(洋式)約5,500回の連続使用が可能。和式、洋式共にメンテナンス無しで30日以上の連続使用が可能です!

  • 後片付けが簡単!

    使用後のバキュームカーによる片付けも便槽がホースに吸着しない構造をあらかじめ備えておりますので、バキュームカーで直接吸い込みが簡単!下水道等に排出するための処理ホースも付いています。

  • 快適なトイレ環境造り!

    換気と採光の為、テントに入口上部と左右下部をメッシュにしております。また、日本防炎協会認定の防炎性素材を採用しているのでタバコの火などからの延焼を防ぎます!

  • プライバシーの
    考慮!

    過去の震災の教訓から夜間内部に照明を灯した時に使用者のシルエットが映らないよう遮光率99.9%以上の素材を採用し、使用者のプライバシーを守ります!

  • 広い空間を確保!

    車椅子が自転できる空間を設けています。また便座の位置を中心からずらして配置しておりますので、介助者の方が移乗の手助けをし易い構造になっています!

  • 業界初!ノブ式本締錠を採用!

    誰でも簡単に片手で施錠することが出来る鍵を採用。あやまって扉を開けられてしまうといった心配がなく、安心してご使用することが出来ます!