防災用品EMERGENCY SUPPLIES

HOME製品情報防災用品
備えていますか?災害時の必需品
近年、大規模な自然災害が相次いで発生する中で、避難所での生活における災害用トイレの整備の重要性が再認識されています。
ハマネツは、非常時でも人びとが安心して過ごせるよう災害用トイレの普及に取り組んでいます。

過去の災害現場からわかるトイレ環境整備の大切さ

地震や豪雨など、避けることのできない自然災害。現場では、断水や停電、下水道設備の破損などによるトイレ環境の悪化が非常に重要な問題となります。「トイレパニック」という言葉が生まれた阪神・淡路大震災以降、災害用トイレの備えが避難生活のストレス軽減や、衛生状態の改善に大きな影響を及ぼすことが注目されてきました。周辺環境の整備や災害用トイレの管理体制作りも含め、各方面で取り組みが進められています。

災害時におけるトイレ問題

災害によって水洗トイレが使えなくなるとさまざまな問題が発生します。避難所での生活では、トイレを我慢して水分摂取を控え体調が悪くなったり、衛生環境が悪化することにより感染症のリスクを高めたりすることもあります。高齢者や子ども、障害者であっても使いやすいトイレを必要数用意すること、衛生的に使用できるよう管理することが大切になります。

内閣府「避難所におけるトイレの確保・管理ガイドライン」

避難所でのトイレ環境整備は、内閣府作成の「避難所運営ガイドライン」で避難所運営業務として指定されています。詳細を記した「避難所におけるトイレの確保・管理ガイドライン」では、災害時の確認事項としてトイレ確保から衛生対策まで48のチェック項目が設定されており、避難所運営の中でも特別配慮が必要であることがわかります。

全国で広がる災害用トイレ「ドント・コイ」シリーズ

実際の災害現場を考慮したハマネツの災害用トイレは、全国的に多くの公共機関や企業などで採用されています。また、新潟県中越地震や能登半島地震、東日本大震災の際は、岩手県・宮城県・茨城県・千葉県など多くの避難所で実際に使用されました。
ドント・コイシリーズの採用実績を示した日本地図
長岡市、輪島市、陸前高田市、浦安市のドント・コイシリーズ事例写真

主な採用実績

  • 厚生労働省
  • 法務省
  • 東京消防庁
  • 東京都庁
  • 千葉県庁
  • 愛知県庁
  • 大阪府庁
  • 兵庫県庁
  • 仙台市
  • 石巻市
  • 東松島市
  • さいたま市
  • 千葉市
  • 船橋市
  • 世田谷区
  • 港区
  • 横浜市
  • 川崎市
  • 相模原市
  • 長野市
  • 静岡市
  • 名古屋市
  • 羽島市
  • 津市
  • 大津市
  • 京都市
  • 大阪市
  • 尼崎市
※一部抜粋/順不同。その他、病院・民間企業・大学・特別養護老人ホーム・町会・自主防災組織等で多数採用されています。詳しくはお問合せください。

製品ラインナップ