HOME製品情報防災用品災害用トイレ 固液分離方式・貯留方式

災害用トイレドント・コイシリーズ
固液分離方式・貯留方式

非常時でもトイレを安全・快適に

省スペースで備蓄が可能な災害用トイレ「 ドント・コイ」シリーズ。
固液分離方式は便槽内でし尿を固体と液体に分離させ、液体のみを外部に放流するシステムです。これにより便槽の実用量を大幅に超える回数のトイレ使用が可能になりました。近年の自然災害において実際に使用されている仮設トイレのほとんどは、固液分離方式のトイレです。

災害用トイレ ドント・コイの特長

組み立てから後片付けまで、
トータルして使いやすいよう考慮されています

組み立てに工具は必要ありません。部品数が少なく、分かりやすい設計になっているため、大人2名で15~20分程度で組み立てることが可能です。使用後の片付けは、バキュームカーで便槽から直接吸い込むことができ、下水道等に排出するための処理ホースも付いています。

組立動画を見る
組立てイメージ写真

メンテナンスフリー 
中長期間、連続して使用することができます

固液分離方式により、洋式では約5,500回、和式では約9,000回の連続使用が可能です。洋式、和式共にメンテナンス無しで30日以上、連続して使用することができます。MH型、KF-MH型、C-1型は、アルミ製保護箱で便槽の破損を防ぐため、長期間衛生的に使用することができます。
アルミ製保護箱イメージ写真

災害弱者の方に配慮したバリアフリー構造 
災害時でも快適なトイレを目指します

洋式トイレは車椅子でも簡単に入れるようバリアフリーにし、自転できるよう十分な広さを確保しています。また、便座の位置を中心からずらすことによって、介助者の方が移乗を手助けしやすい構造にしました。換気と採光を考慮し、テント入口上部と左右下部にメッシュ素材を使用しています。
バリアフリーイメージ写真

トイレを安心して使ってもらうために、
利用者のプライバシーを守ります

過去の震災の教訓から夜間内部に照明を灯した時に利用者のシルエットが映らないよう、遮光率99.9%以上のテント素材を使用しています。また、誰でも簡単に片手で施錠できるノブ式本締錠を使用しており、誤って扉を開けられてしまうといった心配もありません。
プライバシー保護イメージ写真

製品一覧

ドント・コイ MH型

  • 洋式
  • ユニバ
    ーサル
  • 重量約50kg
  • 便槽255L
  • アルミ製
    保護箱
梱包寸法: W1370 × D620 × H520(±50)
組立寸法: W1300 × D1550 × H1920(±50)
備考: 5,500回以上連続使用可能

ドント・コイ YS-MH型

  • 洋式
  • ユニバ
    ーサル
  • 重量約50kg
  • 便槽255L
梱包寸法: W1350 × D650 × H350(±50)
組立寸法: W1300 × D1550 × H1920(±50)
備考: 5,500回以上連続使用可能

ドント・コイ KF-MH型

  • 洋式
  • ユニバ
    ーサル
  • 重量約55kg
  • 便槽255L
  • アルミ製
    保護箱
  • K-Flat
    システム
梱包寸法: W1365 × D600 × H680(±50)
組立寸法: W1300 × D1550 × H1920(±50)
備考: 5,500回以上連続使用可能
人が便座に座ると便均しバーが連動して動きます(K-Flatシステム)

ドント・コイ C-1型

  • 和式
  • 重量約60kg
  • 便槽470L
  • アルミ製
    保護箱
梱包寸法: W1050 × D1100 × H545(±50)
組立寸法: W1010 × D1010 × H2420(±50)
備考: 9,000回以上連続使用可能

ドント・コイ YS-C1型

  • 和式
  • 重量約54kg
  • 便槽470L
梱包寸法: W1050 × D1120 × H320(±50)
組立寸法: W1010 × D1010 × H2420(±50)
備考: 9,000回以上連続使用可能

オプション

給水タンク凍結防止ヒーター
小便器 U-Ⅱ型

ドント・コイに追加接続可能な簡易小便器

梱包寸法:W990 × D570 × H150
組立寸法:W520 × D760 × H900

事例・関連資料