オゾン水生成装置HOW HOW-2005 / HOW-1505

実際の現場で役立つ本格派
高濃度・大流量のオゾン水生成装置

特許取得の完全循環型放電方式により、高濃度・大流量のオゾン水を生成します。オゾン水を貯めて使用したり、長時間使用する場合に適しています。

使用用途

野菜・果物の除菌洗浄・鮮度保持、食品加工場の床、加工機械、シンクの洗浄、配管内の除菌洗浄・脱臭 など
特許取得

HOWの特長

オゾン水の優れた効果を活用できます

一般にオゾン水は強い酸化力を持ち、脱臭だけでなく、インフルエンザウイルス、ノロウイルス、O-157などのウイルスや細菌の除菌にも絶大な効果があると言われています。

  • 強い除菌力
  • 耐性菌ができない
  • 内部組成に影響なし
  • すすぎ洗いやリンスが不要
  • 強い脱臭効果
  • 優れた鮮度保持能力

 

特許取得の完全循環型放電方式を採用

オゾンガスを循環させることによって、廃オゾンを発生することなく、酸素を無駄なく利用することができ、オゾン水濃度5.0mg/L、供給オゾン水量20L/分と高濃度で大流量のオゾン水の生成を実現。高濃度のため、耐熱性芽胞菌やカビ・酵母の除菌も可能です。この技術により、オゾン水の優れた除菌洗浄・脱臭力を、農業、食品加工、福祉などより幅広い分野で活用できるようになりました。

操作性アップで管理がカンタン

管理画面は簡単に操作できるタッチパネルを採用。モードによって画面色が切り替わるため、管理状況が分かりやすく安心です。メンテナンスは300時間ごとに水道水を補充するだけで手間がかかりません。

環境にもコストにもやさしい

完全循環型放電方式の採用により、オゾン水1トンあたりのランニングコストは約10円。水道水と同じ感覚でオゾン水を使用できます。また、原料酸素の使用量を削減し環境にもやさしい装置になりました。

製品仕様

HOW
型式: HOW-2005 / HOW-1505
方式: 完全循環型放電方式
外形寸法: W540 × D250 × H756mm(アジャスター最大時786mm)
質量: 約35kg(乾燥質量)
定格電圧: AC100V 50/60Hz
定格消費電力: 450W
供給水: 水道水またはこれに準じた水
供給水温: 5~40℃
給水圧力: 0.25MPa以上0.6MPa以下
原料酸素濃度: 90%以上
原料酸素圧力: 0.15~0.3MPa
使用酸素量: 約350cc/min(原料酸素は別途準備ください)
接続口径: 水入口 1/2Bメスネジ
オゾン水出口 1/2Bメスネジ
酸素入口: 6mmワンタッチジョイント
オゾン水生成能力: HOW-2005: 5.0mg/L(20L/min時、水温20℃)
HOW-1505: 5.0mg/L(15L/min時、水温20℃)
オゾン水量: HOW-2005: 最大20L/min
HOW-1505: 最大15L/min
設置・使用場所: 屋内
使用条件: 結露や凍結無き事
周辺温度: 0〜40℃(凍結防止ヒーター付)
周辺湿度: 80%RH以下(結露無き事)
付属品: アジャスター押さえ金具、冷却水補充用容器、定流量用継手
メンテナンス: 冷却水循環タンクに冷却水の補充(300時間/毎)(表示・アラームあり)
放電管メンテナンス(1万時間/毎)

オプション・消耗品

オゾン水簡易濃度計
オゾン水簡易濃度計
キャリーカート
キャリーカート
ベーシックキット
ベーシックキット

事例・関連資料