会社が進める強固な生産プロセス構築に自分自身の成長も重ね合わせていきたい

中村 謙孝 Nakamura Noritaka

生産部 生産技術グループ
2015年新卒入社 / 学生時代の専攻:化学系
 

会社説明会や面接の温かい雰囲気に好印象

学生時代は化学を専攻し、材料系の分野を幅広く学んだので、その知識を生かしてモノづくりのできるメーカーに就職したいと考えていました。浜松出身ですが、就職活動を始めるまでハマネツという企業は知りませんでした(笑)。しかしながら、会社説明会が非常に良い雰囲気で、面接時もこちらの緊張をほぐすように温かい対応をしてもらい、この職場なら働きやすそうだと好感を抱きました。

入社後はまず品質管理グループに配属され、主に製品に不具合がないか確認や試験をしたり、問題発見時の対応を行ったりしていました。そして2年目に、現在も所属している生産技術グループに異動しました。ハマネツの製品そのものではなく、その製品を作るための治具(製品の加工や組立てを補助する器具)や設備を担当しています。

モノづくりを支える治具や
設備、工具などを担当

生産技術グループの役目は、生産工程を整備・改善して、高品質なモノづくりをサポートすることです。主な業務は治具の製作や設備・工具の選定、導入時の組立て場のレイアウトなどです。これらの要因で、生産効率がだいぶ変わってくるのです。例えば治具がないと、加工作業がスムーズに進みませんし、作業者によって品質のばらつきが生じやすくなります。もちろん日々の点検やメンテナンスも欠かせません。

その他、マテハン機器(品物の上げ下ろしや運搬)や手順書作りなど幅広く担当しており、工場に材料が入ってきてから製品として出荷するまでの工程全般に関わっています。自分の仕事の成果は、作業時間の削減や製品不良率の低下といった目に見える数字でも表れるので、励みになります。

今私がいる森工場では、仮設トイレをメインに製作しています。気軽に相談できる温かい雰囲気があり、とても働きやすいです。工場内に限らず、新製品開発や既存製品改良の時などは、R&Dセンターの開発部門と協議しながら仕事を進めたりします。ハマネツは若手の頃から仕事を任せてくれる社風なので、積極性や向上心を持った人にとっては、成長の機会が豊富にある環境だと思います。

現場の作業者と一緒に、
改善やライン作りに取り組む

現場の改善や生産ライン作りを手掛けた後、「作業しやすくなった」「あのレイアウト、良かったよ」などと言ってもらえると、達成感があります。ヒアリングを基に、まず自分で最善と考える案を作って、そののち担当の方や責任者の方のフィードバックをもらって修正していくので、一緒に快適な現場を作っていく手応えがあります。工具の変更などは数日で完結しますが、ラインの組立て場のレイアウト変更といった大規模なものは、数カ月から1年を要します。

改善は、治具や設備に限りません。それまで作業者が現場に置かれた手順書をことあるごとに確認しながら作業を進めていたのを、手順書の必要な箇所だけ現場に大きく掲示する方法に切り替えたことがあります。これにより作業スピードも上がりましたし、作業者の交代時の業務引継ぎもスムーズになりました。こうしたアイデアをどんどん試させてもらえる環境なので、普段の作業場の風景や日常会話の中にも、改善のヒントを探すように心掛けています。

最近の案件では、「コムズトイレプラス」が印象深いです。屋外常設トイレユニットの中でもハイグレードな製品なので工程が多く、治具も数十種類が必要でした。部門を横断した打ち合わせでの仕様変更などを反映させつつ、発売日から逆算した製造開始日に間に合うように、治具を手配しました。既製品で対応できる部分は商社さんから調達し、専用の治具が必要な時は、自分で図面を書くこともしばしばありました。
 

生産管理のスキルを身につけ、工程をより俯瞰する視点を

生産技術グループで仕事をこなすことで、生産工程への理解はだいぶ深まりました。それでも現在はまだ、個別の課題に対して改善を行っている段階なので、製品を作るプロセス全体を俯瞰する域に早く達したいと思っています。また日々の業務も、設計などモノを作ることに重心がありますが、生産管理の知識やスキルも体系立てて勉強して、身につけていきたいですね。そうすることで、仕事がより面白くなると思っています。

ハマネツの新製品が市場に投入される機会も増えてきましたし、生産技術グループがより効率の良い工程や生産ラインを工夫することの重要性が高まっていると感じています。会社が強固な生産プロセスを構築していくベクトルに、自分自身の成長も重ね合わせていきたいです。

OFF TIME

スノボやキャンプで山に出掛けるのが楽しみ

冬の楽しみがスノーボードです。それ以外の季節は、キャンプに出掛けることが多いです。どちらも学生時代からの趣味で、近場ですと岐阜や長野あたりの山によく足を向けます。
キャンプ場も、最近は場所によっては仮設トイレということもあるので、どの社の製品かなとちらりとチェックしてしまったりします(笑)。思いがけない所で自社製品に出会うとうれしいもので、まして自分が関わった製品であれば、なおのこと感慨深いですね。
※本記事の情報は取材時(2018年10月)のものです